×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小学校英語教材ソフトのメニュー
The DX English for
a success of your children
小学校英語教材ソフトのダウンロード
小学校英語教材の学習方法のビデオ
小学校英語習得の為に脳の働きを考える
小学校英語の効果的な勉強方法
小学校英語DX Englishをご利用の子供達
小学校英語の先生独自の教材作成でご相談
小学校英語教材ソフトの購入方法
小学校英語教材操作マニュアル
小学校英語教材のお知らせ
小学校英語教材ソフトを作成したスタッフ

〜お願い〜

皆さまお持ちの写真やイラストを
使って無料で 教材を作成します。

小学校英語DX Englishへe-mail
dxenglish1@gmail.com

 

 

 

1.小学校英語教材は発音とリスニング、ネイティブイングリッシュ、小学校英語と児童英語、小学校英語で聞いて覚える単語記憶の仕方、小学校英語学習方法、ネイティブの発音
2.小学校英語学習,小学校英語を聞く,小学校英語を話す,小学校英語を聞いて復唱タイピング,パソコン,英語上達,録音で小学校英語の矯正
3.カナダやニュージーランドで研究した小学校英語勉強法を細かく説明。小学英会話画学習法。小学英会話習得と上達の教材ソフト
4.小学校英語学習法。小学校英語習得法。脳の言葉の記憶の仕組みをうまく利用している英語圏での小学校英語教育。
5.それらの授業を実際に体験した経験から作りあげた最初の教材を無償(ただ)で配布。
6.小学校英語に使える教材。小学校での小学校英語活動の必修化が検討される中、すでに多くの学校で小学校英語活動が行われています。その一方で、児童に対して英語を教えるのが初めてということから、その指導方法などで戸惑う先生も多いようです。教科書に沿って教える中学校の英語の授業と違い、自由度が高いだけに方向性を見失ってしまうのかもしれません。また、英語に触れるのが初めてという児童も多く、興味・関心を持たせるのにも工夫が必要です。そこで、今回は小学校で英語活動を行うために活用されている教材です。
7.小学校英語 必修化に向けて、注目を集める「小学校英語」の情報が満載です。小学生のための本格小学校英語学習ソフト!
8.小学校英語。小学校英語指導者資格 小学校英語Q & A 役立つ教材紹介。小学校英語活動、キッズ英語、小学校英語学習法、小学校英語の先生の指導、小学校英語。役立つ教材紹介。
9.教材ソフト拝見。小学校の英語活動。小学校で英語を教える先生必携。小学校の教室英語、小学校英語学習法。感動ストーリー。
10.教育構造改革、英語武装せよ、「言語学習のあり方」を語る。体験、小学校英語指導者。英語のシャワーが浴びたい人に最適。キッズ英語 子どもに英語を教える、英語で子どもを育てる。
11. キッズ英語 子ども英語せんせい 英語子育て 子ども英語カタログ 英語教室 日英バイリンガルかみしばい キッズ英語リンク集 「子ども英語」 小学校英語 キッズ英語 子ども英語 せんせい 子供英語先生 児童英語教師 子ども英語先生のホンネ 児童英語教師適性があるのか 子ども英語教室にも使える小学校英語教材。はじめての英会話、高学年の学習素材えらび、 子ども英語せんせい、 「子ども英語」、未来の国際人を育てる仕事、児童英語教師の為の小学校英語教材ソフト。児童英語教の為の小学校英語教材ソフト。
12.「小学英語活動による、コミュニケーション能力育成」。小学英語活動実践校。
<児童> 「小学英語では先生が思い切りほめてくれるので、自信を持ち、元気になった」 「学ぶことが楽しいと思えるようになった」 「小学英語をとおして、他の人とつながるよろこびが実感できるようになった」
<教師> 「授業中の子どもたちの目の輝き、生き生きとした姿を見て、授業に対する考え方が変わった」 「学校は学ぶことが楽しい場であるべき」との反省が出てきた 「寡黙だった子や自閉症の子が、小学英語の時間では、元気に発話するようになった」 多くの子どもたちが、人と人のつながり、信頼関係、安心感が持てなくなっており、それが原因でいろいろな事件に発展していると指摘している。ところが、前述の実践校の報告でも明らかなように、小学校の小学英語活動によって、子どもたちが人とつながる喜びを体験し、元気になっている!小学校の小学英語活動によって、相手を知り、自分を知ってもらい、お互いの存在価値を認め合い、共に仲良く生きるための言語コミュニケーション能力を育成でき、子どもたちの「生きる力」が蘇る!こととなる。 日本の学校はともすれば集団教育が中心となりがちで子どもたちもみな同じでなければならないと思違ったところがある子は即いじめの対象となる。英語圏で育った帰国子女の子たちもそのいい例である。学校教育の中で「人間はみな違っている。違っているからこそコミュニケーションが大切なんだ」ということを教育。 しかし、日本語では、その性格上、なかなか真の意味でのことばによるコミュニケーションの育成は難しい。ところが、小学英語はことばの性格上、それが可能である。例えば、ペアワークでは、1対1で、相手のことを聞き、自分のことを表現・発信し、お互いを理解し合うことができる。が、小学英語活動では、それができる。また、小学英語活動を通して、ALTや外国人留学生などと直接触れ合うことにより、肌や目の色の違い、習慣の違い、価値観の違いなどを理解し、認めることにより、相乗効果的に、同じ日本人同士でも、みな違う人間であることを理解し、認め合うことの大切さを学ぶようになる。 教育実践者たちへのインタビュー取材をまとめた『この国の教育のあり方』によれば、今の子どもたちが最も求めていることは、親や同年代の子から、自分の存在価値を認めてもらうこと。 これを実現できるのが、小学校段階の小学英語活動である。ことばを使った体験活動を通して、国際コミュニケーション力を育成することにより、子どもたちの「生きる力」を育成できる起爆剤となり得る科目である。日本人対外国人であろうと、日本人対日本人であろうと、結局は、人間対人間のつながり方、コミュニケーションのとり方を育成できるのである。 小学校における小学英語活動により、総合的な学びができ、学ぶことの楽しさを実体験できる 他教科で学んだ知識・技術を、今度は小学英語活動を介して、身近な日常生活に根付いた場面設定やテーマで活用することにより、総合的に、思考力、判断力、表現力等を育成できる。学ぶのは子どもたち自身。教師の役割は、学ぶ楽しさを教えること。興味を持ち、楽しいと思えば、子どもたちは、どんどん自分で学ぶものである。子どもたちは、小学英語活動を通して、学ぶことの本当の楽しさを実体験できるのである。小学校段階における小学英語活動導入を希望します。
13.あなたの児童英語教師としての適性。 「英語が好き」で「子どもが好き」な方、児童英語教師を目指してみてはいかがですか? しかし、「やってみたいと思うけど、できるかどうかわからない」 「自分は向いているかわからない」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。 児童英語教師としてのあなたの適性。 児童英語教師(ご自分で教室を開く場合も含む)として求められる6つの項目にお答えいただき、その結果をこれから児童英語教師として目指す上での「参考」にしていただくものです。あくまでも実際の児童英語教師としての資質を問うものではございませんのでご了承ください。
14.まず以下の6つの項目、 (1)英語力 (2)子どもに対する適応性 (3)レッスン能力 (4)教師としての適性 (5)経営・運営能力(ご自分で教室を開く場合) (6)生徒募集活動に対する資質 。これから児童英語教師を目指す上で「何をすべきか」をご判断ください。 英語│留学│国際派就職│キッズ英語│小学校英語│受験│日本語│韓国語│中国語 海外旅行・生活 、エンジョイ小学校英語、短い時間でできる英語活動。小学校での英語活動では、1時間の授業を丸ごと英語にあてるのではなく、授業を前半と後半で分けるモジュール授業や、校内放送で英語を流してみるなど、短い時間に限って実施するケースも多い。 また、授業の導入の部分で使える教材なども求められているが、「ショートプログラム〜活動シートと教材データ」には、そうした要望に応えられるように、スキットやゲーム、クイズ、歌など、5分から15分程度で英語活動が行える事例の数々が活動シートで紹介されている。活動シートや教材が入ったショートタイムプログラム 活動シートに収録されているのは、英語活動の研究校などで実施されているショートプログラムの事例。50枚の活動シートに、1つずつ事例が紹介されていて、いずれも小学校の英語活動で取り上げるのに効果的なテーマや言語材料ばかり。それぞれの事例が1枚の活動シートの中に、収集、分析、再構築されている。活動シートの表の面には、英語活動の大まかな流れや、児童に理解させるためのジェスチャーが一目で分かるように絵コンテで描かれていて、裏面には活動の詳細な内容と展開、留意事項が書かれている。し かし、多くの事例の中から、自分たちの学校で、どれを取り入れていけば良いかは、先生たちにとって迷うところ。その際に役に立つのがマルチ目次となる。このマルチ目次を見れば、それぞれの活動のテーマや活動の形態、活動タイプ、展開人数、言語材料など、多方面から検索して、使用するのに最適な事例を探し出すことができる。
15.英語活動の中で使われる言語材料がネイティブスピーカーで収録されているので、活動の前に練習する際や試聴用として使える。また、教材データには、アニメーションやイラストや写真データになった豊富なの教材が収められているので、活動の際に利用できる。小学校の英語教育の情報について発信しているサイトが「小学校英語活動情報WEB」。このサイトでは、すでに小学校英語に取り組んでいる先生の実践例やカリキュラムが公開されているほか、ショートタイムプログラムを監修した岐阜大学教授が、現在の小学校英語の動向や研究開発学校の現状と課題などについて小学校英語に関する先生方にとって役立つサイト。
16.「小学英語活動による、コミュニケーション能力育成」が、必要なのか!小学英語活動実践校の事例報告を見てみよう。 <児童> 「小学英語では先生が思い切りほめてくれるので、自信を持ち、元気になった」 「学ぶことが楽しいと思えるようになった」 「小学英語をとおして、他の人とつながるよろこびが実感できるようになった」 <教師> 「授業中の子どもたちの目の輝き、生き生きとした姿を見て、授業に対する考え方が変わった」 「学校は学ぶことが楽しい場であるべき」との反省が出てきた 「寡黙だった子や自閉症の子が、小学英語の時間では、元気に発話するようになった」 多くの子どもたちが、人と人のつながり、信頼関係、安心感が持てなくなっており、それが原因でいろいろな事件に発展していると指摘している。ところが、前述の実践校の報告でも明らかなように、小学校の小学英語活動によって、子どもたちが人とつながる喜びを体験し、元気になっている!小学校の小学英語活動によって、相手を知り、自分を知ってもらい、お互いの存在価値を認め合い、共に仲良く生きるための言語コミュニケーション能力を育成でき、子どもたちの「生きる力」が蘇る!こととなる。 日本の学校はともすれば集団教育が中心となりがちで子どもたちもみな同じでなければならないと思違ったところがある子は即いじめの対象となる。英語圏で育った帰国子女の子たちもそのいい例である。学校教育の中で「人間はみな違っている。違っているからこそコミュニケーションが大切なんだ」ということを教育。 しかし、日本語では、その性格上、なかなか真の意味でのことばによるコミュニケーションの育成は難しい。ところが、小学英語はことばの性格上、それが可能である。例えば、ペアワークでは、1対1で、相手のことを聞き、自分のことを表現・発信し、お互いを理解し合うことができる。が、小学英語活動では、それができる。また、小学英語活動を通して、ALTや外国人留学生などと直接触れ合うことにより、肌や目の色の違い、習慣の違い、価値観の違いなどを理解し、認めることにより、相乗効果的に、同じ日本人同士でも、みな違う人間であることを理解し、認め合うことの大切さを学ぶようになる。 教育実践者たちへのインタビュー取材をまとめた『この国の教育のあり方』によれば、今の子どもたちが最も求めていることは、親や同年代の子から、自分の存在価値を認めてもらうこと。 これを実現できるのが、小学校段階の小学英語活動である。ことばを使った体験活動を通して、国際コミュニケーション力を育成することにより、子どもたちの「生きる力」を育成できる起爆剤となり得る科目である。日本人対外国人であろうと、日本人対日本人であろうと、結局は、人間対人間のつながり方、コミュニケーションのとり方を育成できるのである。小学校における小学英語活動により、総合的な学びができ、学ぶことの楽しさを実体験できる 他教科で学んだ知識・技術を、今度は小学英語活動を介して、身近な日常生活に根付いた場面設定やテーマで活用することにより、総合的に、思考力、判断力、表現力等を育成できる。学ぶのは子どもたち自身。教師の役割は、学ぶ楽しさを教えること。興味を持ち、楽しいと思えば、子どもたちは、どんどん自分で学ぶものである。子どもたちは、小学英語活動を通して、学ぶことの本当の楽しさを実体験できるのである。小学校段階における小学英語活動導入を希望します。


[PR] JTB